ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。




大人になって私はきっと思い出す。


先輩に初恋をしたこと。


それぐらい大きな恋だったから。



『わかった。別れよう』



先輩の言葉にぐっと現実感が増して、切なくなる。


……終わる、んだ。



『でも……』


『……?』


『俺、諦めないから』



えっ……?

先輩、なに言って……?



『もう一度お前を振り向かせる』


『……っ……』


『それなら文句ねぇだろ?好きなヤツがいるとか関係ねぇよ。終わらせない』



先輩が自信満々に笑って見せた。



『ぜってぇ、負けねぇ!』







「藤田は先輩のことがめちゃくちゃ好きだと思ってたから別れるなんて思わなかった」



清瀬くんの言葉にかすかに笑う。


……うん。


私も別れるなんて思ってなかったよ。


だけど先輩の一生懸命さを見て、私も誠実でありたいと思ったの。


必死に想いを伝えてくれる先輩の姿を見て、心の中に別の人がいるのにこのまま付き合い続けるなんて卑怯なこと、できないと思った。





< 96/ 213 >