ケータイ小説 野いちご

<完>孤独な姫さんは世界一の総長 下








紀優side







紀「つ・・疲れた」






辰「お疲れ」






紀「はぁ・・・」







辰「コーヒーここに置いとく。俺特訓中だから、行くな?」






紀「了解」






辰「それと・・ありがとうだって。陸玖と竜輝が。」







紀「どっちの意味?」







辰「全部じゃね?」






紀「だったらオレンジ・オレをくれ。」






辰「請求書渡しとく」







紀「大輝にね」







辰「了解」







辰喜はルンルン気分で幹部室を出て行った。







・・黒い。






< 215/ 244 >