ケータイ小説 野いちご

12月14日



私と目が合い、管野さんが大きく目を見開いた。


管野「……あ…」


その間、何秒かの沈黙が流れた。



慶太「兄さん…?」


管野「あ、いや、何でもない。」




それからしばらくして、
私達はカラオケを出た。




慶太「さあ乗って乗って〜。」

管野「おい、これ俺の車だから。」



そう言いながら、管野さんはみんなを自分の車に乗せてくれた。


< 16/ 32 >