ケータイ小説 野いちご

12月14日




恵「ユリア!ユリア!ねえ!聞いてる??」


恵の声に思わずハッとした。


ユリア「あ、うん。ごめん!」



恵「もう!気付くのが遅い!ずっとボケっとしてるんだから!」



ユリア「ごめん!さっきの話はまた今度話そう!」



恵「まあ、祐希達も待たせてるしね!」


そう言って私達はまた部屋に戻った。



祐希「お〜!お帰り!」


恵「ただいま〜!ねえ、みんなもうそろそろお開きにしない?私達、もう帰る時間が……」


祐希「あ、あぁ…そうだね。いつの間にか5時間も歌ってたんだ。ていうか、もう終電なくね?」

ユリア「えっ!?でもここからタクシー乗ったら結構取られちゃうよね……」


恵「もうそんな時間!?私から誘っておいてなんだけど、どうしよう……」


拓也「俺らも車乗ってきてないからなあ…」


そういって困っている時、


慶太「俺の兄さん呼ぼうか?」


祐希「え!?晴人さんもう絶対寝てるだろ。」


慶太「かもしれねえ。けど、起きてたら迎えに来てくれるかも。それに兄さん付き合い以外では基本呑まないし。ちょっと電話かけてみっか。」


私は、帰れると思い、内心ホッとしていた。

< 14/ 32 >