ケータイ小説 野いちご

シンデレラの一族



そのことをお母さんに教えられたのは、小学一年生のある朝。


『黙っててごめんね』


泣きながら告白されたけど、あんまり覚えてない。

ベッドの上でぼんやりと聞いた事は、耳をすり抜けていった。

何を見ていいかわからず、やけに色鮮やかな点滴の色だけを覚えている。

邪視とも言うらしいそれは、まさに殺戮兵器らしい。





――目と目があったものを呪う。






そういう眼らしい。


それは、意思によって強さが変わる。

故意的に睨んだりすれば、最悪死を与えてしまう。



『他人を恨んじゃダメ』



繰り返し繰り返しお母さんに言われていた訳は、そういうことだったのだ。


邪眼は遺伝するものらしく、お母さんも邪眼だ。


5歳の時に死んだお父さんは違うらしいけど。



不純なものを嫌い、

薬は効き過ぎてしまう。



そんな特殊体質の私は、本日中学生になる。





< 5/ 317 >