ケータイ小説 野いちご

<完>孤独な姫さんは世界一の総長 下








悠「だからさぁ~、止めるという選択肢は無いの。」






どうすればいい?







こういう時に何も浮かばない頭が嫌い。







・・大切なもの。




悠の玩具は山ほどある。




玩具には不自由していない。






・・頭の中に、アレが映った。








・・・分かった。









紀「ねぇ、悠、楽しみは後にって言うでしょ?今殺したら楽しみ減るんじゃないの?」







悠「ん~、まぁそうだけど」








紀「じゃぁ、・・1か月後・・1か月後の今日・・決着つけよう。私か悠どっちが強いか。」
















< 55/ 244 >