ケータイ小説 野いちご

強がりな元姫様



「……そ、そう」


翔太はニコリと笑顔を浮かべて近づき、


「俺はてっきり翼に肩を持ったんじゃねぇかと思ったわ」


俺の両肩に手を乗せた


「……まさかぁ」


「だよな。 安心したぜ」


ハハハ、と笑いながら翔太は保健室を出て行った


迫力が無に近い今の大河に対して迫力充分の翔太だ


「もうそろそろ昼休み終わるね。 まどかちゃん、教室まで送るよ」


「うん!」


嬉しそうに保の横を歩く、まどか


「俺、片付けておくから。 行ってていいよ」


「……あぁ」


フラリと大河が歩き出す


「浩輔」


「な、何?」


最後に残っていた舜が俺の肩の手を乗せて顔を近付けてきた


「ポーカーフェイスしろよな」


と囁かれ、心臓が跳ね上がった


舜は口角を上げて保健室を後にする


その後ろ姿を座り込んだ俺は眺め続けた




side end.




< 27/ 500 >