ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。




「むむっ?」


「どうしたの……?」



アゴに手をやって、そんなに私の顔をジッと見て来て、いったいどうしたの?


……と、いうか!

そんなにジッと見ないでいただきたい!


そんなに見つめられると恥ずかしすぎて困るんだが!



「ん〜いや?今日は元気みたいで安心したぁと思って!」


「えっ、そう、かな……?」


「ははっ!うん。昨日の朝みたいなヒドイ顔はしてないよ」



……昨日の朝、私そんなにヒドイ顔してたんだ。


自分の頬をむにゅむにゅ揉んで、照れを隠した。


うううっ。


そんな顔を清瀬くんに見られたんだと思うとやってられない。


一方の彼は「笑顔が一番!」なんて言いながら笑ってる。



「でも俺、マジで心配してたから安心した」


「あ、ありがとう……」


「お礼なんて言うなって!あたりまえじゃん!」



にひっと、まるでイタズラっ子のように笑う清瀬くんにキューンと胸がしぼむ。


思わず緩みそうになった頬に力を入れて、うつむいた。


……ダ、ダメだダメだ!


この破壊力抜群の笑顔には敵わない……!


勝てるわけない。無理だ。



< 69/ 213 >