ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。




そして『俺と藤田はなんもねぇーし、ただの友だちだし!!』と、清瀬くんの言った言葉にもショックを受けている自分に気づいた。


だから、なんでよ、バカ……。


その通りじゃん。


私と清瀬くんは、ただの友だちだし、なにもないじゃない。



「あ、綾乃〜!やっと来たしっ!」



その可愛らしい声に視線を前に移すと、ユカがこちらに走って来た。


そして「ありゃ、また太陽と一緒?」と、ニコニコしている。


今かな、別れるなら……。



「じゃあね、清瀬くん」


「ああ、うん……!じゃな!」



清瀬くんの笑顔を見届けて、ユカのとなりに並ぶ。


……今日は、ありがとう。


そう心の中で呟いてユカと二人で自分のクラスである1組に向かった。


チクチクする胸の痛みをそっとこらえながら。




< 65/ 213 >