ケータイ小説 野いちご



『いつもありがとねモコ〜』

「♪♪」



ふわふわな体を撫でまくるとモコは嬉しそうに笑った。


『あ、ていうか今って何時だ?携帯携帯ー、あれ?どこだ?携帯がない!』


ツンツン


『ん?あっ、携帯だー!』

「…」

『レオありがとー!』

「…」

『あれ、レオー?レオくーん?れーおーくん、無視ですかぁー?』


目の前で手を振るがそんなの無視してトコトコと行ってしまった。


ちなみに今のはレオ。

真っ黒で艶々な毛並みの犬で、性格はものすごくクールで無関心。

でも困ってればちゃんと助けてくれる頼もしい長男。



『レオは今日もクールだなぁー』

「ワンっ(そうだねー)」

『あーそっかそっか、支度しなきゃだね!ごめんごめん』



布団から出ると急いで制服に着替え、髪の毛を整えた。


あっ、申し遅れました。

私の名前はフウ、この名前はこの子達が付けてくれました。


『あっさご飯〜♪あっさご飯〜♪』

「クゥン(フウ、ご飯ー)」

『わかったわかった、今作るから待っててー』

「グキュルルル…」

『ぷっ、あははは!』



シロのお腹の音に思わず吹き出してしまった。

< 3/ 6 >