ケータイ小説 野いちご

“またね。”


「うん。願書の写真撮る時に黒スプレーする」

「バカ。確かに名前書けば入れるとこだけどさあ。なっつにはあんな高校似合わないよ」

菜摘が行こうとしてる私立高校は、ヤンキーとギャルの溜まり場だ。悲惨な成績や内申のおかげで行ける高校がない人や、受験に失敗した人々が集まる場所。

確かに菜摘はヤンキーでもギャルでもないけれど、“女子高生”になれるならなんでもいい。勉強が嫌いな菜摘にとって、その高校はもってこいだった。

「なっつはやればできる子なんだから。気持ちの問題じゃん」

気持ちの問題、ね。

丁寧にフルーツ系のリップを塗る伊織は、学年一の優等生だ。本当は勉強が嫌いなことも知ってるけど、夢に向かってひた向きに走る姿は尊敬する。

「…うん。まあ、気が向いたらね」

その点、菜摘はと言うと

生意気で縛られることを嫌う性格が災いしてか、学年一の問題児、なんて言われる始末。

かといって、別に不良でもなんでもない。ここは田舎の平凡な中学校で、それなりにある校則を守ってないだけ。

好きな格好をしてたら怒られて、それでも直さない菜摘を先生たちは“問題児”だと言う。それだけの話だ。



廊下へ出てもその話は続いた。

口うるさい伊織に反撃開始しようとしたところで、

「そうだよ。私立行くなんて話違うじゃん」

と、教室のドアの前に立っていた隆志が言った。

男にしては背が低くて可愛らしい、菜摘の幼なじみ。




< 3/ 407 >