ケータイ小説 野いちご

君だけに、そっとI love you.




勉強は一人でも別に出来るけれど。






恋愛は相手がいないと、出来ないんだよ、お母さん──。






私のような容姿でしかも地味子な女の子に声をかけてくる男子は地球上を探しても、きっといない……に等しい数だと思う。






グランドにいるマネージャーの小川先輩みたいに私も明るく何でも積極的になることが出来て、可愛くなれたら……、申し分がないのに。






寂しそうな表情でグランドをぼっーと見つめている掬恵。



< 57/ 268 >