ケータイ小説 野いちご

SEY LOVE ME ~好きなんだ~


そうこうして、ガヤガヤしてる教室に
キャーという黄色い声と共に斎藤君は登校してきた。

相変わらずあんなにうるさい女子たちが周りにいても爽やか笑顔。

一人一人に挨拶までしている。

そこで一人の子が
「今日は斎藤君にお弁当作ってきたんだ」

と言って、かわいらしい弁当を渡そうとしていた。

でも斎藤君はもらわなかった。

「自分のがあるから食べれない。」

「でも、いつもパンを食べてるでしょ?体に悪いよ。」

やっぱり、本気で斎藤くんを狙っているんだろう。良く見てる。


「今日は弁当だから」

「……そっか。それなら仕方ないね。」


そう言ってその子はどこかにいってしまった

真優ちゃんによると、
その子は原田飛鳥って言う名前らしい。

< 43/ 103 >