ケータイ小説 野いちご

嫌いじゃ…ない…?


「美奈いってくるんでしょ?」

「うん。今から行ってくるね。」

「美奈。後悔はしちゃダメだよ?」

優。ありがとう。わかってるよ。

「うん。じゃあね。」

チャイムが鳴ってから5分後もう教室には黒川君はいなかった。

私は急いで屋上に向かった。

< 17/ 26 >