ケータイ小説 野いちご

裏表ガールは最強総長!?上


ーガラガラー



学校へ着き、教室に入った。


「皆、おはよ!\( ˆoˆ )/」



あたしが、いつものように、挨拶をすると、いつものように、、男子は顔を、赤く染める。



男子1「おはよ!海夏ちゃん///」


照れてるし。笑っ




女子「キャァァァァァァァァア!!」





うわ!うるさ!!



鼓膜破れるっての!!

女子の声のする方を見ると、そこには、女子の、集団があった。


その中心にいたのは、春山大地(ハルヤマダイチ)。


この学校で、男子No.1のモテ男。

顔はあたしから見ても、綺麗。

悔しいくらいに。

?「海夏ーー!!」

あたしを、呼んだのは、あたしの親友の、長谷川夏織(ハセガワカオリ)。

夏織は、あたしの裏を知っている。

海夏「あっ!!夏織ー!おはよー!」


あたしは、そう言って、笑った。

夏織「海夏、大変だね。」 


海夏「なんで?」


別に、大変じゃないんけど。

夏織「わざわざ表の自分出すって。裏は出さないの?」


は?出すわけないじゃん。

裏出したら、引かれるってーの。


女「海夏ちゃーん!呼出しよーー!」


あたしが、夏織と話していると、クラスメイトの子があたしに言った。


周りの男子は、

男子2「クソッ!俺が、告ろーと思ってたのに!!」


男子3「さすが海夏ちゃん。モテるねー!」


などということを言っていた。

告られても、ねぇ。

扉の方を見ると、先輩であろう人が、あたしに背を向けて、立っていた。


めんど。仕方なく、先輩の方へ言った。


< 2/ 14 >