ケータイ小説 野いちご

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~ Ⅱ

「会いたいって、思ってくれてたんだって……」


また悪態をつかれるとビクビクしながらも、凌牙の想いを和希に伝える。


「……好きだって言ってくれたの。初めてだった……。あたしを好きになってくれる人なんて」


「なるほど……。昨日今日知った女っつーのじゃないのは、さすが兄貴だな」


意外な言葉に、少し驚いて。


「今の……こんなあたしでもいいって……」


「……」


「嬉しかった……」


「……」


「だから、あたしも凌牙の側に居たい……」


「……」


「……ごめんね……あたしなんかで……」


それでも、我を通すことに申し訳なさでいっぱいのあたしに。




「…………兄貴がそう言うんなら、仕方ねえよ」


諦めたように言う和希は、やっぱり一貫して兄を崇拝する、弟だった。

< 130/ 815 >