ケータイ小説 野いちご

だから俺と、付き合ってください。



背は私より10cmは高い。

髪は短髪で、クリーム色。


顔は目がクリクリしてて、くちびるは薄くて、やっぱり子犬みたい。


なんか、こう……母性本能をくすぐるタイプ、だと思う。



「今度は手渡ししなよ。また落ちてたら可哀想だし。拾ったのが私じゃなかったらきっとからかわれてるよ」



彼はとなりのクラスの人気者。


こんなラブレターが落ちてたってことはウワサですぐに広がる。


……私は誰にも言うつもりないけど。


こんなキラキラした気持ち、おもしろ半分ではウワサなんか立てられない。


私が、忘れかけてた、気持ち。



「そうだなぁ……。でもオレって、意外とシャイだからさぁ!」



首の後ろをかく彼の仕草。


またクスッと笑うと「藤田さっきから笑いすぎだし」と言われた。


え……?



< 6/ 213 >