ケータイ小説 野いちご

龍蝶~闇に隠された愛~【上・完】

 夜の街で有名な後楽町。

そこはとても怖い噂の絶えない街だった。

雛乃高校1年の二富 梨華。

私の家庭は崩壊していた。

父親は表の顔ではとても優しい父を演じる。

しかし、誰もいなくなると私たち姉妹に虐待をする。

そんな最低な男。

母親はギャンブルに溺れた女。

虐待を見ていても見て見ぬふり。

私の妹、梨湖は虐待に耐えられず心を閉ざし、

人間不信になってしまった。

もうこんな家族なんていやだ。

いなくなりたい。そんなことを考えていた。

「梨華!!」

父親にそう呼ばれるといつも体が震えてうまく言葉も出せない。

歩くことも怖くて難しい。

そうやっていつも父親に怯えて暮らしていた。

どうして私たちなんだろう…。

なんでこんなことになってしまったんだろう…。

そうやっていつも心で泣く。

泣いたってこんな現実終わることなんてないのに…。

私にとって一日という日は一ヶ月のように長い。

早く終わってほしい…。

< 2/ 114 >