ケータイ小説 野いちご

心に悪夢を潜ませ


 綺麗な自己犠牲を語る弟を見ることはしなかった。

 杖の破片を拾いながらでもわかる。恍惚とした表情を、表す上ずった声。

 洗脳されたかのように皆が一様に繰り返す、諦め。

 どうせ助からないなら綺麗に散りたい、そう言わんばかりの願い。

 なぜ、と考えるのすら馬鹿馬鹿しい。

 ここは小さな村。

 魔法使いの治める南の国の端にある辺境の地。

 そこにいる私というただ一人の治癒魔法使い。

 私に治せぬ病ならば、もう誰にも治せない。

 市内の有名な魔法使いを呼ぶお金も手段も、この村にはない。

 ならば仕方ない、やむを得ない

 その結果の諦めだと今更気づいた。

 「…ばかみたい」

 「え?」

 「ううん、おやすみ」

 それなら、どれだけ頑張っても結果は同じじゃない。


< 16/ 71 >