ケータイ小説 野いちご

シローせんぱいのこと。




必死に涙をこらえ、けれど泣き出しそうな声で言ったわたしに、あっちゃんはなにかを察したらしくよしよしと頭を撫でた。



「……だから、そんな恋やめなって」





ごめんね、あっちゃん。

大丈夫、しあわせ、そう言っておいて結局わたしはこうして泣きそうになる。

だからあっちゃんは『やめな』って、いつも言ってくれてるのに。



やめたい、やめたいよ。

シローせんぱいのことを、キライになる理由がほしい。



だけど、なにをどうしても消えないの。

笑うたび、話すたび、触れるたび。スキでスキで、どうしようもなくなる。



スキのきもちが、消えない。





< 32/ 93 >