ケータイ小説 野いちご

シローせんぱいのこと。




2年生の教室がある本校舎から、渡り廊下を歩けば着く南棟。

そこには理科室や美術室など、科目用教室がいくつかならんでいる。



そのなかの3階にある、音楽室……のとなりの、『音楽準備室』と書かれた教室の前でわたしは足を止めた。

ドアとは反対側にある窓に映るのは、茶色い髪をみつあみにしばり、前髪を左でわけた自分の姿。



……へんなとこ、ないよね。

白いセーターによごれはないし、すこし短めのスカートにはきれいなプリーツ。紺色のくつしたも左右あってるし。

うん、だいじょぶ。



今日もドキドキと緊張してしまうこころに、小さく息を吸ってドアに手をかけた。



「シローせんぱーい」



ガラ……と音をたててドアをあけると、目の前の大きな窓からは、ふわ、と吹く12月のつめたい風。



< 3/ 93 >