ケータイ小説 野いちご

幕末カレシ~新撰組に飼われた蝶~


きっと町の様子を見に来たのだろう

そこには将軍である上様の姿があった。

ーーっ!

目が合った気がした…

将軍は私を見てそばに居た従者に耳打ちをし、その従者は私達に向かって一直線に歩んでくる。

ーー気のせいじゃなかった…

「そこの娘、上様がお呼びだ」

従者は美しいお前が気に入ったらしい、と付け加えた。

「ーーなっ!」

土方さんは私をかばって前に出る。

その光景をみた将軍は目を細め、馬を降りて私達に歩み寄る。
上様っ…そう従者達はざわめく

「上様よぉ…すんませんが、こいつをどうするおつもりで?」

「その男…名を名乗れ」

「新撰組副長、土方歳三」

「ほう…土方歳三、俺はその娘を嫁にしたいと思っているだけだ。今すぐ…手に入れたい」

「なっ!!」

驚いたのは土方さんだけでなく、私もだ。

彼の視線は私を捉えた。


< 44/ 114 >