ケータイ小説 野いちご

幕末カレシ~新撰組に飼われた蝶~


【沖田side】

鈴音ちゃんが戸惑いながらも、手馴れた手つきで団子を二人の口に運ぶ。

ただでさえその動作でも嫉妬してしまうのに、島原で他の男に...と思うと更に嫉妬してしまう。

「沖田さん!ほんとお団子美味しいです!有難うございます。」

ふわっと笑みを浮かべる鈴音ちゃん。
嫉妬なんて気持ちもすぐに消えてしまう。

もっとこの子を笑顔にしてあげたい
そう思った。

【沖田side 終】

< 41/ 114 >