ケータイ小説 野いちご

幕末カレシ~新撰組に飼われた蝶~



「あっ!ここ!ここの甘味屋だよ」

「わぁ...!」

小さな甘味屋だが、素敵な店主さんの暖かい笑顔につられて私も頬が緩む。

「お団子、好き?」

「はい!」

「おばちゃん、とびきり美味しい団子、四つね!」

沖田さんの注文を耳にして、店主さんが返事をする

少しすると美味しそうなお団子が出された。
お団子の甘い香りが鼻をくすぐる。

「いただきます...!」

「どーぞ」

「...わっ、美味しい...!」

「へぇ、鈴音、俺にも頂戴?」

「俺にもー!」

原田さんと平助くんが食べさせてよ、整った顔を子犬のような顔にし、口を開ける。

「へ!?えと...どうぞ///」

仕方なく原田さんと平助くんの口にお団子をもっていく。

「「...うめえ!」」

そう言って太陽のような笑顔を向けた。


< 40/ 114 >