ケータイ小説 野いちご

純情ラバーズ






「ありちゃーん! 体育館行こ!」



苗字が高畑だから、教室のほぼ真ん中の席に座るありちゃんの元へ飛んでいく。


ありちゃんは「うん」とうなづきながら、イスから立ち上がった。



「どんな感じー? ひとり暮らしは」


「うーん、まあまあかなあ。 お母さんのありがたみがわかるよね」



お母さんが毎日掃除洗濯、ごはんやお弁当を作ってくれて、いい生活を送ってたよなあ、わたし……。


しみじみとそう思う。


今日は午前で学校が終わるからいいけど、明日からはお弁当もいる。



「お弁当が変でも笑わないでね……」



なんて言いながら、ちょっと肩を落としたとき。





< 74/ 336 >