ケータイ小説 野いちご

彼の襟元にキスマーク。



自分の鞄からポーチを取り出し、そこに入っている手のひらサイズのミラーを彼に渡す。

ありがとうございます、とそれを受け取り、さっそくそれを確認した彼はその顔を歪めた。


「うわ、何だコレ。」

「……これって、口紅じゃない……?」

コーラルがかった色を放つそれは、よく見ると細かいラメがある。

きっと、口紅かグロスが着いたのだろう。


……それにしてもだ。テレビなんかでシャツについた口紅を見た女房が夫を追求する、なんてドラマを見たことがあるけど、まさか現実にこうしてシャツにつける人がいたとは。


「……あぁ、たぶん島田さんだ。」

「島田?」

飲み会の席で無理矢理くっつかれて、と心底迷惑そうな顔で話す彼に、苦笑いする。


きっと彼が話しているのは、彼と同期である彼女だ。

私とも彼とも同じ部署に配属されている彼女は、一見小動物のような可愛らしい姿に見とれる者も多いものの、実際は全く逆らしく。



< 4/ 12 >