ケータイ小説 野いちご

彼の襟元にキスマーク。



満足そうにボールペンを胸ポケットへ収めると、扉へと引き返す。

かと思ったら、何故かこちらへと歩いてくる。


「どうしたの?」

「いや、普段神崎さんとゆっくり喋ることなんて出来ないので、ちょっとゆっくりしていこうかと。」

「ゆっくりって、」

私、もう帰る予定だったんだけど。

そんな思いとは裏腹に、彼は隣のデスクの椅子を引っ張りだし、そこへ腰を下ろす。


「喋るってこんなおばさんと喋っても楽しくないでしょ。」

「おばさんって、たった三歳差でしょ。」

……確かにそうだけど。

隣に座る彼を見る。二重だと思っていた目は、この距離で見つめると奥二重だった。

あぁ、元々の大きな目をしているから二重だと思い込んでいたのだ、と気付く。

ふと視線を落とすと、あるものが目に入った。


「ねぇ、襟に何かついてるよ。」

えっ?と襟を直視しようとしているが、その位置だと直接自分で見ることは不可能だ。



< 3/ 12 >