ケータイ小説 野いちご

彼の襟元にキスマーク。



入ってきたのは、三年後輩にあたる男だった。

シャツを腕まで捲り、その右手にはスマートフォンが握られている。軽快な動きでオフィスへと入ってくる彼は、そのまま続けて口を開く。


「神崎さん、飲み会来なかったんですか。」

「うん、なんか、……疲れてて。」

自分で聞いておきながら、ふうん、興味が無さそうに言うと、自分のデスクに備え付けてある引きだしを開ける。

何やら探している様子だった。


「忘れ物?」

「はい、あ、ありました。」

ほら、と見せる彼を見ると、左手にはボールペンが握られていた。

……ボールペン?これだけのために戻ってきたのか?

そんな思いが顔に表れていたのか、彼は何故か拗ねたように口を尖らす。


「俺これじゃないと嫌なんですよ、これ一回使ったら浮気出来なくて。」

一瞬、胸がドキンとなった。

……違う、そういう意味じゃない、と自分に言い聞かせる。


「ふうん、あってよかったね。」

「はい。」



< 2/ 12 >