ケータイ小説 野いちご

地味子は地味子でも…



カチャ


...!


ホッとして、気がつくのが遅かった



月谷の手を見ると、鍵ではなく私の眼鏡とにたのがそこにはあった


嫌な予感がして
私は自分の顔を触ってみた



...!


そこにはあるはずの私の眼鏡はなかった



...じゃあ、まさか...


もう一度月谷の方を見ると、にこやかに笑って眼鏡を揺らしている月谷だった



「やっぱり...墓穴掘ったね笑笑」




サァッ


自分の顔の血が引いたような気がした

その隙に今度は三つ編みのゴムを取ってきた



「こっちの方が、かわいいよ❤
空ちゃん...いや、未来ちゃん」


うわっ


最悪だ...


もう、なにも言えないでいた


「なんで地味子になってるの?
変装?中身も結構明るそうなのに?」



そんなことを言われても、なにも答えられなくて黙っていた



どうしよう...


「なんか、答えてよ」



黙っててよ!


今考えてるんだから


キッと睨み付けた




< 107/ 153 >