ケータイ小説 野いちご

手の届かないキミと



それでも手を繋いだまま、隣同士の席についた私たちを

不思議な目で見るクラスの目は拭われない。


ナナもその大きな瞳をさらに大きく見開いている。


「あの…」

陽くん、そろそろ手を放してくれませんか

そう言いかけたとき、陽がクラスみんなに聞こえるように声を張り上げた。


「あーみんな、ごめん。俺と亜季の痴話喧嘩にクラスのみんなまで巻き込んじゃって…」

痴話喧嘩?なに、なになに?

いきなり陽は何を言い出すのか。クラスのみんなも目が点になっていることだろう。


「でもこの通り、仲直りしたし、ラブラブだから、もう心配いらないから。」

そう言った陽は私の右頬に、チュウっとキスをひとつ落とした。


< 453/ 466 >