ケータイ小説 野いちご

光のもとでⅡ

「十、九、八、七、六、五、四、三、二、一、誕生日おめでとうっ! ツカサ、十八歳の誕生日おめでとうっ!」
『…………』
「……ツカサ?」
『いや、少しびっくりしただけ……』
「去年、ツカサがこうやってお祝いしてくれたでしょう? だからね、絶対にカウントダウンしたかったの」
 自分だけ必死で、テンションが高い気がして少し恥ずかしい。恥ずかしさを紛らわすために会話を繋ぐ。
「誕生日プレゼントを渡したいのだけど、明日、学校で会える?」
『学校じゃなくても会える』
「え?」
『模試の勉強、明日からにしよう』
「こっちに帰ってくるの?」
『そのつもり』
「なんでもっと早く言ってくれなかったのっ!?」
『今決めたから?』

< 33/ 1333 >