ケータイ小説 野いちご

嵐を呼ぶ姫 ~最強女は天然美少女?~




-雷都side-



「じゃあ、瓔輝、行くか!」



「あぁ、そうだな」





瓔輝さんとユキと呼ばれた男が帰ろうとしている






あの人、あの男は何者なんだ






「あの!」






俺は気がついたら声をかけていた







「今日はありがとうございました!」






「いいって、気にすんな!」








どこかで聞いたような








暖かい言葉











< 393/ 402 >