ケータイ小説 野いちご

嵐を呼ぶ姫 ~最強女は天然美少女?~





あたしは、中1の時、拓己という黒虎の幹部に連れ去られた




黒虎の倉庫と思われる場所で縛られて拘束された







そこでの最悪な状況が頭の中を駆け巡る









―『死ねよ、バーカ』




嫌だよ




―『妃芽ッ!!!!』





―パァーンッ





響く銃声






―『幸輝兄ぃ?』





あたしの上に覆いかぶさる兄





―『嫌だよ…もうやめて!』








―『死ね』








―パァーンッ








―『嫌…うわぁアァあぁああぁあぁ!』










< 384/ 402 >