ケータイ小説 野いちご

君と願ったたった一つのもの

伝える

あれからよくよく考えた。

佐野先輩に、想いを伝えよう。

叶わないかも知れない。

そもそも佐野先輩には好きな人や彼女さんがいるかも知れない。

だったら、私の出る出番はないよ…。

「けど…」

伝えよう。

放課後。

あの時間帯に、佐野先輩は靴箱に現れる

それは毎日同じだった。

「…さ、佐野先輩‼︎」

私は佐野先輩を呼び止めた。

「あ、美来ちゃん…」

…。

「えっ…と…」
「ん⁇」
「話したいこと…あって…」
「話したいこと⁇」
「…えっ、と…私…」
「うん」
「佐野先輩の事が、好きなんです‼︎」

…い、言っちゃった。

「…それは…」
「はい…告白です…」
「…ありがとう、別に美来ちゃんを否定するわけじゃないよ」
「え⁇」
「嬉しいよ。じゃあ俺はこれで」
「は、はい」

…行っちゃった…。

正直佐野先輩は…どう思ったんだろ…。

< 11/ 26 >