ケータイ小説 野いちご

秘密の時間-私と僕の時間-




家に変えるまでの道のりは長く、重く感じた。



大切な人ってなくしてからその偉大さが分かるよね。


先生、好きです。




< 14/ 16 >