ケータイ小説 野いちご

【完】魔法科市立高校




魔法科市立高校


B~Sにクラス分けられる、このレベル制高校は世界の頂点に君臨する魔法学校だ。


また、男子生徒の人数が女子生徒の人数の2倍以上。




Bは魔法技能の低いクラス


Aは魔法技能の高いクラス


そして、
SはAを超えた危険魔法技能の持ち主のクラス




そんな感じで3つのクラスに分担されている。





まぁ…私は当たり前のようにSなのだけれど…





『───────


─────それでは今からクラスに分かれてもらいます。生徒皆さんは自分のクラスに移動して下さい』





校長の合図で長かった入学式は終わりを告げ、魔法科の生徒は席をバラバラと立ち始めた。




さて…




『私も行きましょうか…』




私は席を立つと自分のクラス1-Sに向かった。












< 2/ 293 >