ケータイ小説 野いちご

祠の鬼

ずっと部屋に籠っていたせいか、体が重い。



「長津間くん誘いたいけど……疲れてるかもしれないし、仕方ないよね」



とりあえずメールだけでも入れておく。



それからリボンのハンドバッグに携帯をしまい、待ち合わせ場所のカフェに急ぐ。



この頃には夢の事も忘れ、待ち合わせに間に合う事だけを祈って。




< 74/ 84 >