ケータイ小説 野いちご

「でも……わたしと長津間くん、仲良しにみえるんだ。嬉しいな」



なんだか特別みたいで。



「あ、服どうしよう……さすがにこのままじゃダメだもんね」



ルームウェアのまま外に出られないわけじゃないが、やっぱり恥ずかしい。



さっそくベッドから起きて、クローゼットを開ける。



「ワンピース、キュロットスカート、レギンス……どれがいいかなあ」



散々引っ張り出したあと、結局選んだのは前で結ぶリボンのついたストライプのワンピース。



身支度を終え、ありさは部屋を後にした。




< 73/ 84 >