ケータイ小説 野いちご

鬼麟2

だから、男装をしているわけだけど。
「よし」
扉に手を掛け、呟いてゆっくりと開く。
重厚そうに見えて、案外あっさり開くのがここの扉。
今日も普通に開いた。
おずおずと、顔を出してみれば、中には見知った顔ぶればかり。
当たり前だけど。
少し様子を伺っていると、一人が気付いた。
「あっ!!」
大声を上げたのは、幹部補佐の誠(まこと)。
その声に、全員がこっちに向く。

< 212/ 302 >