ケータイ小説 野いちご

迷惑なイケメンに好かれました。






「それで、何の用かな?」




あー、市原くんと喋ってたら言葉遣いまで丁寧になるよ。

心が洗われるよ、ほんと。


私が聞くと少しだけうつ向いた市原くん。





「…柳瀬さんって、付き合ってる人とかいるの?」






き、きたぁぁぁ。

きたよ、コレ。確実に告白だよね。

私これから告白されちゃうよね。


でも断っちゃうんだよね私。

だって男の子だもんね市原くん。

女装したら絶対似合うだろうけど男の子だもんね。








< 22/ 457 >