ケータイ小説 野いちご

7年越しのラブストーリー

  ~~~

しばらくすると、校庭から音楽が聞こえてきた。

後夜祭のはじまりだ。

後夜祭は、キャプテンファイアーやフォークダンスがある予定。

「千夏、行くか」
真尋くんに言われて、私は「うん」と頷いた。

手を繋いで、私たちは屋上をあとにした。

―・―・―・―・―・―

後夜祭の会場では、薫とお兄ちゃんが待っていてくれた。

「千夏、遅いよ」と薫。

「人の妹、いつまでも連れ回してんじゃねぇよ」とお兄ちゃん。

でも2人共、言葉ほど怒ってはいない。

「どうする?
フォークダンスの輪に入るか?」
お兄ちゃんが声をかけるが、
「う~ん、今さらだよなぁ」と真尋くん。

そんな私たちに、ダンスの輪から離れて近づいてくるカップルが…
真由と佐藤くんだ。

< 123/ 233 >