ケータイ小説 野いちご

7年越しのラブストーリー

「ねぇ千夏。
好きな人が遠くにいて悩んでいるの、千夏だけじゃないからね」

薫に言われ、ハッとして彼女を見る。

「遠距離恋愛してるカップルだって、たくさんいるんだよ。
それにね。
きっと佐藤さんだって、千夏に会えなくて寂しい思い、しているよ。
ずっと会ってないみたいだし、文化祭にでも誘ってみたら?」

薫の言葉に頷いた。

うん、そうだよね。
弱気にならないで、真尋くんを誘ってみればいいんだよね。
だって、真尋くんの母校でもあるんだし…

早速、その日の夜。
お兄ちゃんに電話をかけて、「文化祭に来ない」と誘ってみた。

返事は翌日、お兄ちゃんからもらえた。
「今のところ、多分大丈夫。真尋と一緒に行くと思うから」

その言葉を聞いて、文化祭が楽しみになった。

< 67/ 233 >