ケータイ小説 野いちご

俺様男子に誘拐された件



後ろを向けば、翔瑠君。



「「「………………」」」



「おぃーー!なんでみんなして無視すんだよ?」


「肩の手、退けて」


「んな切れんなってー」



だから…………翔瑠君は………



「切れてないーーーーっ」


「かわいいかわいい」


翔瑠君………



ムカつく。



「翔瑠君のくせに…生意気だ」



むっすー………




< 79/ 277 >