ケータイ小説 野いちご

幕末オオカミ 第二部 京都血風編



『あうー』

『そ、宗ちゃん!それ……!?』


月を見た俺から、狼の耳と尻尾が生えてしまった。 


母は驚いて気を失い、姉はますます戸惑う。


『か、可愛い……!
けど、どうして!?』


そこで沖田家は、母の秘密を知ることになったのだった。


神だと思って体を預けたのは、実は人狼だったのだと、推測される。


すべてを姉たちに打ち明けた母は、そのまま正気を失い、寝こみがちになった。


かと思うと、突然俺を箒で打ったり、蹴りつけたりするようになった。


下の姉も、母がおかしくなってしまったのは俺のせいだと言って、責めた。


『2人ともやめて!

宗ちゃんには何の罪もないわ!

悪いのは母様を騙した人狼よ!』


そうやって、ただひとり俺の味方をしてくれたのは、上の姉のミツ姉さんだった。


家族が生きていくために、姉さんは婿を迎えた。


その人はいい人だったけど、本当はもののけの血を引く俺を恐れていた。


夜は決して、俺に近づこうとしなかった。






< 20/ 404 >