ケータイ小説 野いちご

獣系男子×子羊ちゃん

お兄ちゃんと一緒に帰ったのは
ずいぶんと久しぶりで
嬉しくてウキウキしてしまう。


けれど、
家の近くまでくると、
お兄ちゃんはピタリと足を止めた。


「モモ、ごめんな。
今日は外で食べて帰るな。」



そう言って背中を向けて
家とは逆の方向に去っていく
お兄ちゃんを見送るのは、

やっぱり淋しかった。


「一緒におうちでご飯食べようよ。」


その乾いた一言が
行き場を失い、
そのまま胸のなかで弾けて消えた。



< 160/ 420 >