ケータイ小説 野いちご

獣系男子×子羊ちゃん

「…あのさ、昨日は、
酷いこと……して

悪かった。

それだけ。

それだけ、言いにきた。」



「…うん。」



じゃあ、どうしてあんなこと、
したんだろう。

どうして、
わざわざ謝りに来たんだろう…。

考えてもわからないことばかり。

もう、考えるの、やめよう。

私には蒼介さんのことが
…よくわからない。



< 191/ 420 >