ケータイ小説 野いちご

獣系男子×子羊ちゃん

「お前、一樹の妹だろ。

あいつ、携帯、教室に忘れてたぞ。

あんなとこに忘れてったら、
携帯、パクられて
売られんぞっつっとけ。」



中学からの女子校育ちで

お兄ちゃん以外の男の人とは

もう何年もまともに話していない。



目の前にいるのは、



あの公園にいた


黒髪の


背の高い人だ。



< 21/ 420 >