ケータイ小説 野いちご

獣系男子×子羊ちゃん

友達とわかれて
駅のホームへ向かっていると、
突然コンと頭を叩かれた。


驚いて振りむくと、
洸星学園の制服を着た
背の高い男のひとが立っていた。




「おい、豆!」



こんな人、知らない。


綺麗な鋭い顔立ちに
存在感のあるその立ち姿。


白い肌に黒い艶やかな髪、
美しい顔立ちに浮かぶ
威圧的な表情と
がっしりとした体つきが
まるで野生動物みたいで


すごく…怖い。


とりあえず、




に、逃げよう…。



慌てて通り過ぎようとすると
腕を強く掴まれた。



「お前のことだよ!まめ!」



「ま、まめ?」



「お前、ちっこいころ、背が伸びなくて
マメモモ って言われてたんだろ?」



その人は私をみてクスクスと笑った。



知らない男の人に
いきなり話しかけられて

驚いて

声がでない。



何人もの女の子が
遠巻きにその人のことを見つめている。


すごく目立つ人だ。


でも、マメモモ?




どうして私のことを

知っているんだろう?






< 20/ 420 >