ケータイ小説 野いちご

出るかどうか迷っている間も、いっこうに止む気配はない。



諦めて電話に出る。



「……なんだよ」

『遅い』

「一分や二分でうるさい奴だな。で、何の用だよ?」

『今、古書店の前にいる。だから開けてよ』

「ったく、何でいるんだよ……わかった、今開けるから」

『うん』



仕方なくベッドから体を起こし、鍵を開けに一階に下りる。まるで、外の世界と隔てるように施錠された扉。



一瞬躊躇ったものの、鍵を外し扉を開ければ、いつもと変わらない尋暁が立っていた。




< 64/ 84 >