ケータイ小説 野いちご

幼なじみはイケメン4人組



──『……3分以内に起きないと遅刻決定だよ?』



うわー……メッチャ思い出した。

眉間にしわを寄せて不機嫌そうに言うのが、その時の決まりみたいな感じだった。


『メッチャ怖いっ!!』って思って飛び起きてたのに、なんで忘れてたんだろう。

むしろ、怖すぎて記憶を抹殺してたんだろうか……。



『始業ベルの10分前まで外で待つから、ちゃんと準備して下りてきて。
10分切ったら部屋に突入して叩き起こすから、そのつもりで』

「あっ……了解ですっ!!」

『じゃあ、また明日』


「おやすみなさいっ!!」

『おやすみ』



そんなやり取りをしただけで、あっという間に電話は切れた。



「……明日、頑張って起きよう……」



去年のマーくんの表情を思い出しながら、小さく体を震わせる。

その時に、図書室でのことがハッと頭に浮かんだ。



「……マーくんの好きな人の話、聞くの忘れてた……」



でも『おやすみ』と言ってしまったし、去年の表情を思い出したら、なんだか聞きにくい……。



結局私は何も連絡しないまま、その日は眠ることにした。



< 46/ 220 >